諦めましょう!会社の昇給は期待できません

会社に夢や期待を持っていたい人は、今回の記事は読まないでください。

生活を豊かにするために頑張って会社に貢献して、昇給を目指すのは諦めましょう

これからお話しする内容は、認めなくないかもしれません。

ですが、会社に期待することを早く諦めて、別のベクトルで努力をすればあなたの人生はもっと豊かになります

会社は社員が辞めない最低限の金額で給与設定する

シンディー
突然ですが、会社がどのような基準で社員の給与を決めているか知っていますか?
Aさん
社内規定?
ワンマンだったら社長の気分次第?
会社ごとに色々ありそうな気がします。
シンディー
そうですね。
ですが、共通して言えることは社員が辞めないであろう、最低限の金額で設定するということです。

会社にとって社員の給与は抑えたい経費

では、なぜ会社は給与を社員が辞めない必要ない最低限の金額で設定するか?

社員の給与は、削れるなら削りたい会社にとってコストであるからです。

会社の存在理由は、企業理念なども様々あるかと思いますが全企業に共通して言えることは、利益をできるだけ稼ぐことです。

その為には売上を増やすことと同じくらい、経費などの支出を減らすことも重要になります。

それは、私たち社員の給与も例外ではありません

経費を抑える為に社員が辞めない最低限の金額で設定する

では、社員の給与という人件費を抑えるためには、どのような金額設定が妥当か?

答えは、社員が辞めない最低限の金額で設定することになります。

この社員が辞めない最低限の金額を設定するために、業界内や同規模の会社の待遇を調べながら遜色ない給与に調整するために、会社毎の給与テーブル等が存在するのです。

もちろん、そこまで調べる労力が割けない中小規模の会社などは、社長の一存で金額が決まるということもあると思いますが社員が納得、あるいは妥協してくれる程度の給与設定で大よそ考えることでしょう。

会社からしたら、社員が贅沢できるほどの給与を支払う理由はないのです。

会社員で頑張っても大して生活は豊かになりません

破綻した人

会社は社員が辞めない最低限の金額で給与設定することは、あまり信じたくない事実かもしれません

しかし、自分が経営者の立場に立って考えると、致し方ない判断であると納得できるのではないでしょうか?

ですから、あなたがいくら頑張っても、会社はそれほど大きな昇給をさせることは無いでしょう。

つまり、会社員で頑張っても対して性格は豊かになりません

会社員として働く続ける以上は、贅沢はあまりせずに定年まで会社の為に働くことを覚悟しなくてはなりません

自分の為に頑張りましょう

自分

では、

そんな生活はしたくない、

もっと豊かな生活がしたい、

という人は、どうすべきか?

シンプルに、会社にすべてを奉げて働くことはやめて自分の為にがんばりましょう

それは、独立して起業するでも良いですし、まずは会社員をしながら副業でも十分です。

もしも、いきなり起業することに不安を感じるなら私は会社員を続けながらの副業をオススメします

どんな副業が良いか気になる方は

2020年オススメの副業は?稼げる副業、稼げない副業は?

をどうぞ。