お得
シンディー
皆さん、フリーランスや個人事業主は様々な経費を計上することで、納税額を少なく出来ることはご存知ですか?

恐らく、既にフリーランスや個人事業主として仕事をしている人は知っているかもしれませんが、会社員に比べて税制上かなり有利です。

今回は、その中でも経費について説明させて頂きます。

フリーランスと会社員の経費の違い

違い

なぜ、フリーランスが会社員に比べて税制上有利になるかと言いますと、所得税を考える際にフリーランスや個人事業主は売上から経費を引いて金額を計算することができます

経費を増やすと税金を減らせる

図で、示すと次のようなイメージです。

経費の図

フリーランスなら、会社員と同じだけ収入があっても経費を差し引いて税金がかかる対象の金額を少なく抑えることができます

会社員との税金の比較

比較するためにまずは、会社員の経費について考えてみます。

便宜上、控除については考えずに収入の20%税金を取られるようなケースに数字を当てはめて考えると次の通りです。

年収400万円×税率20%=納税額80万円

次に、フリーランスの人の納税額を考えてみます。

仮に、同じ400万円の収入を得るために年間で100万円の経費を使っていたとしたら、次の通りです。

年収400万円-経費100万円×税率20%=納税額60万円

比べてみると、サラリーマンよりも20万円納税額が安くなることになります。

もちろん、経費ということはお金を使っているので無駄遣いをしていたら手元に残るお金もどんどん少なくなるのは明白です。

しかし、フリーランスではなくても使っているであろうお金も経費計上して、所得税を減らすことが出来るメリットがあります。

ここで重要になるのが、「家事按分」というキーワードです。

家事按分でプライベートと兼用のものも経費に

計算

家事按分を一言で表すと、プライベートと事業の両方で兼用しているもののコストの一部は経費として計上できるという仕組みです。

家事按分の主な例

例としては、次のようなものがあります。

家賃

自宅と事務所を兼用している場合、家賃の一部を事業用の経費として計上することができます。

ガソリン代

車のガソリン代も、プライベートと仕事で車を兼用している場合には、経費として一部を計上することができます。

通信費

スマホや固定電話、インターネットの通信費も、経費として計上可能です。

電化製品

その他、テレビやプリンターなども事業と兼用しているものは、減価償却費として毎年購入費用の一部を経費として計上することができます。

家事按分の計算方法

では、この家事按分はどのように計算するかというと次の通りです。

総額×事業用で利用する割合

言葉だけでは、少しイメージしにくいかと思いますので具体例を用いて説明します。

ガソリン代を例に考えると、1週間(7日間)のうち5日仕事で車を使う人が年間35万円、ガソリン代を使った場合。

計算は、次の通りです。

35万円×5/7=25万円

25万円を経費として、計上することができます。

このように経費を積み重ねていくことで、フリーランスの所得税を大きく引き下げることが可能です。

こんなものも経費に

意外

さらに、こんなものも経費になるのかという、少し意外なものお紹介しておきます。

飲食代

通常の食事代は、もちろんダメですが仕事相手との会食などは接待交際費として経費計上することができます

接待とは言え美味しいものを食べて、経費を増やして税金を減らせるのは嬉しいですよね?

書籍費

勉強好きな方は、書籍費で月や年間で何万というかかる人もいるかと思いますが、書籍費も経費計上可能です。

ビジネス書や雑誌だけではなく、場合によってはマンガも経費計上できることがあります

例えば、貴方がブログの広告収入で売上をたてている中で、人気漫画ワンピースの伏線回収や解説をしていたとします。

このような場合には、ブログ作成に必要な材料としてマンガの購入費も経費計上が可能です。

交通費

また、先ほどの家事按分でガソリン代の例も話しましたが、電車などの交通費も経費になります

例えば、全国を飛び回って講演やコンサルをして、収入を作っていたとしたら、この場合の交通費は経費計上可能です。

これを利用すれば、全国を飛び回りながら各行先で仕事相手と美味しいものを食べて、交通費と接待交通費は経費計上。

こんなことも、可能です。

この働き方ができたら、めちゃくちゃストレスフリーだとおもいませんか?

そんなわけで、私は脱サラしてフリーランスになることを目指しています。

あなたもこんな生活を目指してみたいと共感して頂けたら、是非一緒に目指してみませんか?