副業とストレス

コロナウイルスで、バイト先の仕事がなくなった。

勤め先の会社がリモートワークになって、自由な時間が増えた。

等、良くも悪くもコロナ以降で働き方が変わった方も多いのではないでしょうか?

そんな今こそ、私は副業を皆さんにオススメしたいと思います。

折角、自由な時間が増えたのにただ家でグダグダしているのは、もったいないとは思いせんか?

コロナはネガティブな出来事ではありますが、ポジティブに転じさせるチャンスも含んでいます

一口に副業と言ってもたくさんあるので、何に取り組もうか迷ってしまう方も少なくないでしょう。

今回はそんな人の為に、どんな副業が稼げるか考察してご紹介します

アルバイト

アルバイト

まず、副業と聞いてまず何かアルバイトをやろうと思い浮かべる人も多いかと思いますが、基本的にアルバイトではそれほど稼げません

業種は、コンビニなどのサービス業、飲食、倉庫などの軽作業、最近注目のデリバリー、様々あります。

ですが、どれも時給や日給制の仕事である事にはかわりません。

働いた分だけ確実に収入にはなりますが、単純に労働時間を時給に変換する仕事です。

時間は有限ですし、体力にも限界があります

体力と時間が有り余っていて、とりあえず毎月一定額の収入が欲しいという人には良いかもしれません。

ですが、本業がある人が取り組みには更に身を削ることになりますので、あまりオススメできないです。

クラウドソーシング系

クラウドワーク

次に、誰かの仕事を請け負うクラウドソーシング系の仕事についてですが、これも余程専門的なスキルが無い限り大きく稼ぐことはできません

こちらも、内容はいろいろあります

動画編集や記事作成、事務作業などから、似顔絵の作成やお悩み相談など、専門性の高いものから趣味的なもの誰でもできるものまで。

趣味を活かして収入を得る、もしくは専門的な強みがあって高額な依頼を受注できる場合は別ですが、誰でもできる様な仕事は特に単価が低いです。

先日私が話を聞いて方は、記事作成の仕事を8,000文字を1,000円で請けていると言っていました。

ちなみに、それを仕上げるのに5,6時間はかけているようです。

時給換算で200円以下

私ならやりたいとは思いませんが、皆さんはいかがでしょうか?

転売(せどり)

転売

昨今なにか社会的なトピックスが起こる度に現れる、転バイヤー。

ビジネス誌などでも度々、転売ビジネスで成功した人の記事も取り上げられます。

気になる人は少なくないのではないでしょうか?

せどりなどとも呼ばれることもありますが、転売ビジネスで稼ぐことは少々難易度が高いです。

何故かというと、転売ビジネスでは目利きが必要になります。

例えば、転売ビジネスの代表的な例である、古本転売の場合。

ブックオフ等の古本屋で100円などの低価格で売られている山積みの本の中から、購入する価格よりも高い値段で売れる商品を見つけ出して売ることになります。

このように、他の人が気づいていない高値で売れる商品を見つけ出す能力が必要です。

ですが、今は調べればどのくらいの値段で売り買いされているかがすぐわかってしまいますので、大幅に利益が出る値段で仕入れることは難しくなっています

もし、転売で大きく稼ごうとしたら、海外への転売や、独自の仕入れルートの構築、定価が存在しない様なマニアックな商品に精通する知識など、あなた自身に特別なスキルや知識が必要です。

また、仕入れた商品が売れ残ってしまえば在庫や赤字を抱えることになりますので、少々のリスクが伴います

コーチ業

コーチ

誰でもというわけにはいきませんが、スポーツで学生時代に輝かしい実績があったり、人に誇れる学歴や何かの実績があるという人は誰かに知識や経験を伝えるコーチ業で稼げる可能性があります

中には、子ども向けのスポーツコーチ等はほとんどボランティアで稼げないと聞いたことがあるという人もいるかもしれません。

ですが、コーチ業はブランディング次第でしっかり稼げるチャンスがあります

例えば、スポーツを教える対象を子供ではなく、お金と時間を持て余しているおじいさんおばあさんに向けたものに変更してみたらいかがでしょうか?

スポーツを教えるだけでなく、生徒同士のコミュニティーの場を整えれば多少値段が高くても、あなたのもとに通ってくる生徒は少なくないと思います。

また、若い人向けに教えるとしても対面の指導だけではなく、You tubeなどWeb媒体を活用すれば一度にたくさんの生徒に発信することもできますので、単価が安くても高額を稼げるかもしれません。

ですからコーチ業はブランディングと、やり方次第ではありますが稼げるチャンスはあります

投資系

投資

日本ではまだまだ投資をする人が欧米諸国に比べると少ないとは聞きますが、NISAやIDECOの普及もあり投資をする会社員の方も増えてきました。

会社員や本業がある人が副業として、投資をするのもアリです。

もちろん、多額を稼ぐためには同等のリスクが伴います

ですから、ハイリスクハイリターンなやり方や、デイトレーダーのように四六時中チャートに張り付く様なやり方現実的ではありません

しかし、手間がかからないやり方での運や、しっかりとリスク管理をした方法で投資する手法であれば、本業と並行して収入を得るには適しています

また、銘柄の選定や投資方法をしっかりと構築してしまえばほったらかしでも資産が増えていく点はとても大きなメリットです。

アフィリエイト

アフィリエイト

最後にアフィリエイトについてですが、個人的にはもっとも相手を選ばずオススメしやすい副業です。

何となくよくわからなかったり、怪しいのではと思っている人もいるかもしれませんが、もしそう思っていたらちょっとその考え方は古いかなと思います。

アフィリエイトは今では大企業も参入してきていますし、皆さんもよくご存知なYou tuberも媒体がブログではなく動画なだけで広告収入で稼いでいるという意味では、アフィリエイターです。

なんだかんだ言っても最も伸びている市場ですし、初期費用が少なくて済みます。

もう少し、アフィエイトを勧める理由やアフィリエイトについて知りたい方は、「脱サラを目指す人にアフィリエイトを進める、3つの理由」もオススメです。